かぐや姫 (Kaguyahime nağılı)

Kaguyahime nağılı Yaponiyanın ən məşhur nağıllarından biridir.”Kaguya-hime no Monogatari”  nağılının animasiya versiyası Oscar 2015-də, Ən Yaxşı Animasiya Filmi kimi mükafata layiq görülüb. İndi isə nağılımızı oxuyaq.

むかしむかし、竹を取って暮らしているおじいさんがいました。

ある日の事、おじいさんが竹やぶに行くと、根元が光っている不思議な竹を見つけました。
「ほほう、これはめずらしい。どれ、切ってみようか。えい! ・・・うん? これは!」
おじいさんがその竹を切ってみると、なんと中には小さな女の子がいたのです。
子どものいないおじいさんとおばあさんは、とても喜びました。
そしてその子を『かぐやひめ』と名付けて、大切に育てたのです。

 kaguya_s6_lg

かぐやひめは大きくなるにしたがって、とても美しくなりました。
そして年頃になると、
「どうか、かぐやひめをお嫁さんにください」
と、若者がたくさんやってきました。
中でも特に熱心な若者が、五人いました。
みんな、立派な若者です。
でも、かぐやひめは、お嫁に行くつもりはありません。
そこでかぐやひめは、困ってしまい、
「では、私が言う品物を持ってきて下さった方のところへ、お嫁に行きましょう」
と、言って、世にも珍しいと言われる品物を一人一人に頼みました。
五人の若者はそれぞれに大冒険をしましたが、かぐや姫の望んだ品物を手に入れた者は一人もいませんでした。

なんとか五人の若者を追い返したかぐやひめですが、かぐやひめのうわさはとうとうみかどの耳にも入りました。
「ぜひ、かぐやひめを后(きさき)に欲しい」
みかどの言葉を聞いたおじいさんとおばあさんは、大喜びです。
「すばらしいむこさんじゃ。これ以上のむこさんはない」
お嫁にいくつもりのないかぐやひめは、何とか断ろうと思いましたが、みかどに逆らえば殺されてしまうかもしれません。
それ以来、かぐやひめは毎晩毎晩悲しそうに月を見上げては泣いていました。

ある日、おじいさんとおばあさんが心配してわけをたずねると、かぐや姫は泣きながら言いました。

「実は、わたくしは月の世界のものです。今まで育てていただきましたが、今度の満月の夜には月へ帰らなくてはなりません」
それを知ったみかどは、満月の夜、何千人もの兵士を送ってかぐや姫の家の周りを守らせました。
何とかして、かぐやひめを引きとめようとしたのです。
けれど真夜中になって月が高くのぼると、兵士たちは突然ねむってしまいました。
かぐや姫はその間に、月の使いの車にのって月に帰ってしまいました。
その事を知ったおじいさんもおばあさんもみかども、とても悲しんだと言うことです。

kaguya-title

Romaji əlifbası ilə :

Mukashi mukashi, take o totte kurashiteiru ojiisan ga imashita.

Aruhi no koto, ojiisan ga takeyabu ni iku to, nemoto ga hikatteiru fushigina take o mitsukemashita.
“Hohou, kore wa mezurashii. Dore, kitte miyou ka. Ei! …

Un? Kore wa!”
Ojiisan ga sono take o kitte miru to, nanto naka niwa chiisana onna no ko ga ita no desu.
Kodmo no inai ojiisan to obaasan wa, totemo yorokobimashita.
Soshite kono ko o “kaguya-hime” to nazukete, taisetsu ni sodateta no desu.

Kaguya-hime wa ookikunaru ni shitagatte, totemo utsukushiku narimashita.
Soshite toshigoro ni naru to,
Douka, kaguya-hime o oyome-san ni kudasai”
to, wakamono ga takusan yatte kimashita.
Naka demo tokuni nesshinna wakamono ga, go-nin imashita.
Minna, rippana wakamono desu.
Demo, kaguya-hime wa, oyome ni iku tsumori wa arimasen.
Sokode kaguya-hime wa, komatte shimai,
“Dewa, watashi ga iu shinamono o mottekite kudasatta kata no tokoro e, oyome ni ikikmashou”
to, itte, yo ni mo mezurashii to iwareru shinamono o hitori hitori ni tanomimashita.
Go-nin no wakamono wa sorezore ni daibouken o shimashita ga, kaguya-hime no nozonda shinamono o te ni ireta mono wa hitori mo imasen deshita.

Nantoka go-nin no wakamono o oikaeshita kaguya-hime desu ga, kaguya-hime no uwasa wa toutou mikado no mimi nimo hairimashita.
“Zehi, kaguya-hime o kisaki no hoshi”
Mikado no kotoba o kiita ojiisan to obaasan wa, ooyorokobi desu.
“Subarashii muko-san ja. Kore ijou no muko-san wa nai”
Oyome ni iku tsumori no nai kaguya-hime wa, nantoka kotowarou to omoimashita ga, mikado ni sakaraeba korosarete shimau kamo shiremasen.
Sore irai, kaguya-hime wa maiban maiban kanashisouni tsuki o miagete wa naite imashita.

Aru hi, ojiisan to obaasan ga shinpai shite wake o tazuneru to, kaguya-hime wa nakinagara iimashita.

“Jitsu wa, watakushi wa tsuki no sekai no mono desu. Ima made sodatete itadakimashita ga, kondo no mangetsu no yoru niwa tsuki e kaeranakutewa narimasen”
Sore o shitta mikado wa, mangetsu no yoru, nanzen-nin mono heishi o okutte kaguya-hime no ie no mawari o mamorasemashita.
Nantokashite, kaguya-hime o hikitomeyou to shita no desu.
Keredo mayonaka ni natte tsuki ga takaku noboru to, heishi-tachi wa totsuzen nemutte shimaimashita.
Kaguya-hime wa sono aida ni, tsuki no tsukai no kuruma ni notte tsuki ni kaette shimaimashita.
Sono koto o shitta ojiisan mo obaasan mo mikado mo, totemo kanashinda to iu koto desu.

Sözlər :

mukashi mukashi むかしむかし — Bir zamanlar
take 竹 — bambuk
totte 取って — “toru (götürmək)”
kurasu 暮らす — yaşamaq
ojiisan おじいさん — yaşlı adam
aru hi ある日 — bir gün
takeyabu 竹やぶ — bambuk oyuğu
iku 行く — getmək
nemoto 根元 — kök, gövdə
hikaru 光る — parlamaq
fushigina 不思議な — qəribə, sirli
mezurashii めずらしい — nadir
kitte 切って — “kiru (kəsmək)”
chiisana 小さな — balaca
onna no ko 女の子 — qız
yorokobu 喜ぶ — sevinmək
taisetsu 大切 — vacib
sodateru 育てる — qaldırmaq
totemo とても — çox
utsukushii 美しい — gözəl
toshigoro 年頃 — evlənməyə hazır olmaq
douka どうか — xahiş
oyome-san お嫁さん — gəlin, kiminsə həyat yoldaşı
wakamono 若者 — cavan oğlan, gənc
takusan たくさん — çox
tokuni 特に — xüsusən
nesshinna 熱心な — səbirsiz
rippana 立派な — mükəmməl
komatte 困って — “komaru (çətinlikdə olmaq)”
shinamono 品物 — ləvazimatlar
tanomu 頼む — soruşmaq, xahiş etmək
daibouken 大冒険 — böyük macəra
nozonda 望んだ — “nozomu (ümid)”
nantoka なんとか — necəsə
oikaesu 追い返す — uzağa göndərmək
uwasa 噂 — şayə
toutou とうとう — ən sonda
mikado 帝 — imperator
mimi ni hairu 耳に入る — eşitmək
zehi ぜひ — mütləq
kisaki 后 — imperatorun həyat yoldaşı
ooyorokobi 大喜び — böyük zövq
subarashii すばらしい — möhtəşəm
kotowaru 断る — rədd etmək, imtina etmək
sakarau 逆らう — meydan oxumaq
kororasareu 殺される —  “korosu (öldürmək)”
sore irai それ以来 —  o zamandan etibarən
maiban 毎晩 — hər axşam
kanashisouni 悲しそうに — kədərli
tsuki 月 — ay
miageru 見上げる — axtarmaq
naku 泣く — ağlamaq
shinpai suru 心配する — narahat olmaq
wake わけ —- səbəb
jitsuwa じつは— həqiqəti demək
sekai 世界 — dünya
sodatete 育てて —  “sodateru (qaldırmaq)”
mangetsu 満月 — bütöv ay
yoru 夜 — gecə
kaeru 帰る — qayıtmaq
heishi 兵士 — əsgər
ie 家 — ev
mawari 周り — qonşu
mamoru 守る — qorumaq
hikitomeru 引き留める — saxlamaq
keredo けれど — Bununla belə, lakin
mayonaka 真夜中 —gecə yarısı
takaku 高く — yüksək
totsuzen 突然 — birdən
nemutte 眠って — “nemuru (yatmaq)”
tsukai 使い — elçi
kanashimu 悲しむ — kədərli olmaq

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s