Skip to content
Advertisements

Başlanğıc səviyyə üçün oxuma (読む)-1


Penelopeunderblanket

Başlanğıc Səviyyə

Yapon dili əlifbasını yaxşı yadda saxlamağın ən rahat üsulu çoxlu oxumaqdır.Hiraqana və Katakana əlifbasını daha sürətli oxumaq istəyirsinizsə, bu əlifbada yazılan yazıları tez-tez gözdən keçirmək lazımdır.İlk öncə yazıları yavaş-yavaş oxumaq əsla sizin motivasiyanızı aşağı salmasın.Əksinə bu hələ başlanğıcdır.Hərgün məşğul olduğunuz zaman həriflər həm daha tez yadınızda qalır, həm də oxuma sürətiniz artır. Başlanğıc səviyyə üçün nəyi, necə oxuya bilərəm ? Təbii ki, uşaqlar üçün olan nağıllardan başlaya bilərsiniz.Aşağıda sizə Yaponiyanın məşhur nağılı olan ももたろう Momotarou nağılı verilib.Səbrli olun və axıra kimi oxumağa çalışın.

Birinci hissə

むかし、 むかし、 ある ところ に
おじいさん と おばあさん が いました。
おじいさん が やま へ き を きり に いけば、
おばあさん は かわ へ せんたく に でかけます。
「おじいさん、 はよう もどって きなされ。」
「おばあさん も き を つけて な。」
まいにち  やさしく いい あって でかけます。

İkinci hissə

あるひ、 おばあさん が
やまで せんたく を して いたら、
つんぶらこ つんぶらこ
もも が ながれて きました。 ひろって
たべたら、 なんとも おいしくて
ほっぺた が おちそう。 おじいさん にも
たべさせて あげたい と おもって、
「うまい もも こっちゃ こい。
にがい もも あっちゃ いけ。」
と いったら、
どんぶらこ どんぶらこ
でっかい もも が ながれて きました。
おばあさん は よろこんで、 もも を
いえ に もって かえりました。

Üçüncü hissə

ゆうがた おじいさん が  やまから
もどって きました。
「おじいさん、 おじいさん、 うまい もも を
ひろった で めしあがれ。」
おばあさん が きろう と したら、
もも が じゃくっ と われ、
ほぎゃあ ほぎゃあ

Dördüncü hissə 

おとこ の あかんぼう が とびだしました。
「こりゃあ たまげた。」
「なんちゅう げんき な あかんぼう だ。」
ふたり は あわてて おゆ を わかす やら
きもの を さがす やら。

Beşinci hissə

ふたり は この こ に ももたろう と
いう 名(な)まえ を つけ、 それは それは
だいじ に そだてました。
ももたろう は まんま を いっぱい
たべたら 一ぱい だけ、 にはい たべたら
にはい だけ ずんずん おおきく なって、
たいへんな ちからやまもち に なりました。
なに を おしえて も すぐ おぼえ、
いえ の しごと から やまの しごと まで
てつだって くれました。
「こんな こども は めったに
いる もん じゃない。」
おじいさん も おばあさん も いよいよ
ももたろう を かわいがりました。

Altıncı hissə

ところが、 その ころ、 おに ども が ちょくちょく
むら へ やってきて は わるい こと を して いました。
「よし、 おら が たいじ してやる。」
あるひ、 ももたろう は おじいさん と おばあさん の
まえに りょうて を ついて いいました。
「おにがしま へ おにたいじ に いく から、 にっぽんいち の
きびだんご を つくって くれ。」
「なに いう だ。 いくら 力 が つよく ても
おまえ の かてる あいて じゃない。」
ふたり は びっくり して とめました が、
ももたろう は しょうち しません。

Yeddinci hissə

「そんなら しかたが ない。」
おばあさん は たべれば ひゃくにんりきの でる
にほん一 の きびだんご を つくって くれました。
おじいさん は あたらしい きもの を だし、
はた まで つくって くれました。
きりりと はちまき を しめ、 かたな を こし に
さしたら、 つよ そうな わかもの に なりました。

Səkkizinci hissə

「まけたら、 しょうちせん ぞ。」
「しっかり やって くるん だよ。」
おじいさん と おばあさん は なみだ を
こらえて いいました。
「では、 いってまいります。」
ももたろう は むね を はり、 ぐいと
くちびる を かみました。

Doqquzuncu hissə

むらはずれ まで くる と いぬ が きました。
「ももたろう さん、 ももたろう さん、
どこ へ いきなさる。」
「おにがしま へ おにたいじ に。」
「こし に つけた もの は なんでござる。」
「にほん一 の きびだんご。」
「そんなら ひとつ くだされ、 おとも します。」
「よし、 やろう。 ついて こい。」

Onuncu hissə

やま の ほう へ いく と さる が きました。
「ももたろう さん、 ももたろう さん、 どこ へ いきなさる。」
「おにがしま へ おにたいじ に。」
「こし に つけた もの は なんでござる。」
「日本一 の きびだんご。」
「そんなら ひとつ くだされ、 おとも します。」
「よし、 やろう。 ついて こい。」

On birinci hissə :

やまの おく へ いく と きじ が
とんで きました。
「ももたろう さん、 ももたろう さん、
どこ へ いきなさる。」
「おにがしま へ おにたいじ に。」
「こし に つけた もの は なんでござる。」
「にほん一 の きびだんご。」
「そんなら ひとつ くだされ、
おとも します。」
「よし、 やろう。 ついて こい。」

On ikinci hissə

ももたろう は いぬ と さる と きじ を ひきつれ、
いよいよ おにがしま へ しゅっぱつ しました。
やま を こえ、 たに を こえ、 うみ に でる と、
おに の ふね が ありました。 ももたろう たち は
ふね に のりこみました。
ふね は なみ を けたてて ぐいぐい
すすんで いきます。
「おにがしま が みえた ぞ。」
きじ が さけびました。

On üçüncü hissə

おにがしま には おおきな もん が たって いました。
「たのもう。」
ももたろう が もんを たたきました。 でも、
へんじ が ありません。 そこで さる は もん に
よじのぼり、 なか から かぎ を はずしました。

On dördüncü hissə 

「おら は にほん一 の ももたろう。
おに ども かくご せい。」
ももたろう は かたな を ぬいて
とびこみました。
「なに を こしゃくな こぞう め が。」
おに ども は かなぼう を ふりあげ、
ももたろう に おそい かかって きました。
きじ は くちばし で つっつき、
さる は つめ で ひっかき、 いぬ は
かみつきました。
ももたろう は、 きってきって
きりまくりました。 きびだんご を
たべて いる ので ひゃくにんりき です。

On beşinci hissə

とうとう おに ども は 一ぴき
のこらず やっつけられました。
「まいった。 いのち ばかり は おたすけ を。」
おに の おやぶん は りょう てを ついて
あやまりました。
「もう にど と わるい こと は しない。
たからもの を ぜんぶ わたす から
かんべん してくれ。」
「よし、 それなら たすけて やろう。」

On altıncı hissə

ももたろう は たからもの を くるま に つんで
えんやら えんやら むらへ もどって きました。
「やっぱり おら たち の ももたろう は にほん一。」
おじいさん と おばあさん が いったら
村 の ひと たち も  てを たたいて、
「にほん一 の ももたろう。」
と いいました。
ももたろう は 村 の ひと にも たからもの を
わけて あげ、 おじいさん と おばあさん と さんにん で
いつまでも しあわせ に くらしました。

On yeddinci hissə

ほれほれ、 みんな も しっかり まんま を たべて
ももたろう みたい に ならなくちゃ のう。

ほれほれ、 みんな も しっかり まんま を たべて
ももたろう みたい に ならなくちゃ のう。

SON

Advertisements

One thought on “Başlanğıc səviyyə üçün oxuma (読む)-1 Bir şərh yazın

Bir cavab yazın

Sistemə daxil olmaq üçün məlumatlarınızı daxil edin və ya ikonlardan birinə tıklayın:

WordPress.com Loqosu

WordPress.com hesabınızdan istifadə edərək şərh edirsinz. Çıxış / Dəyişdir )

Twitter rəsmi

Twitter hesabınızdan istifadə edərək şərh edirsinz. Çıxış / Dəyişdir )

Facebook fotosu

Facebook hesabınızdan istifadə edərək şərh edirsinz. Çıxış / Dəyişdir )

Google+ foto

Google+ hesabınızdan istifadə edərək şərh edirsinz. Çıxış / Dəyişdir )

%s qoşulma

%d bloqqer bunu bəyənir: